スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室探しの旅 - Part III

2011.05.30 *Mon
3つめの候補もプリスクールのサタデークラス。
住宅街の中にある一軒家でした。
ここは設立してまだ1年もたたない新しいスクールでモンテッソーリを導入しています。

サタデークラスは午前中の3時間。
毎週3時間もネイティブと過ごせるなんてサイコー、しかも月謝も安い。
いよいよ希望のスクールにめぐりあえるのか!と高まる期待.....
2010年11月、3歳5ヶ月のことです。

体験レッスンは前半1時間30分の親子参加型でした。

当日スクールには一番乗りで到着。
そして早速先生とお会いしたら.......

いきなりガーーーーーン。

体験の申込みをした際、電話応対してくれた日本人の方が先生だったのです。
この方はアシスタントかと思っていたのに、メインの先生らしく。
また日本人先生かぁとガッカリ.......
英語もネイティブではありません。

そしてもうひとりの先生にもお会いしました。
この方はインド人で、ちょっとインド訛りのある英語です。

この日は年少、年中くらいの3人の男の子が登園してきて、
他にあと2~3人いるそうですがお休みでした。

クラスがスタートすると、はじめに朝のサークルタイム。
みんなで輪になって座り、カレンダーを見ながら日付、曜日、天気などを確認しあいました。
それから月(month)と、曜日のうたを歌いましたが先生だけが歌っている感じ。

そのままフォニックスの練習でOの音を練習し、生徒は順番にOと言いました。
Pinoの番ができて、言ってごらん?と指示されても黙ったまま(苦笑)
フォニックスはそれだけでした。

その後モンテッソーリのお仕事が始まりました。
ピッチャーにお水を注ぐお仕事を選んで、少しこぼしながらも注いでいました。
Pinoは表情ひとつ変えずに取り組んでいましたが、
家でこんなことしたことがなかったので内心はとても楽しんでいたと思います。

モンテッソーリのお仕事中はみんな集中して取り組むため、とても静かでした。
先生の指示も特になかったと思います。

その後、2階の部屋をインド人の先生が案内してくれてました。
その先生は、ここはオープンしてまだ1年もたっていなくて、
サタデークラスの生徒は入学当時みんな英語をまったく理解していなかったけど、
この11ヶ月くらいで理解できるようになったのよ、と自慢げにおっしゃっていました。

確かに先生の指示は理解しているようでしたが、先生に英語で話す子はいませんでした。

こんな感じであっという間に体験の1時間半が過ぎてしまい体験は終了。

後半は近所の公園に行くとのことでした。
Pinoも行きたいと言い出したので、
クラスに参加しなくてもいいので一緒に行かせてくださいとお願いしました。

公園ではみんなを自由に遊ばせていて、先生はそれを見守っているだけで
一緒に遊んだり、草木や虫を観察するようなことはしていませんでした。
生徒はだいたいひとりで遊んでいましたが、友達と一緒になると日本語を話していました。

30分ほど遊ぶとPinoが飽きてきた様子だったので、
先生方に御礼の挨拶をして先に帰りました。

う~ん、このスクールもPino向きではなかったですね。
期待が高かったのでガッカリ感が大きかったです。

モンテッソーリのお仕事中はずっと静かなので、英語のコミュニケーションがありません。
公園で遊ぶときも先生が一緒になって遊ぶわけではないのでコミュニケーションがありません。
メインの先生は日本人なのでネイティブのように話せなかったし、
アシスタントもおとなしい先生だったので、クラスはなんとなく活気がなく
楽しい!ってこどもたちが思えるようなところではなかったと思います。

残念ですが3つめの候補もダメでした。

つづく。

THANKS FOR YOUR CLICK!
↓  ↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY : 英語関連

COMMENT

私もかなりプリスクール探ししましたが、いい!と思うところは値段が高く、手が届く!と思うところはイマイチ。という感じで結局見つかりませんでした。
スクールだけで英語をしているお子さん同士の会話は体外日本語ですよね。私はこの地域で有名なプリスクールの子どもたちが公園で遊んでいるところに出くわしたんですが、先生の目を盗んで日本語で話してるのをみて現実を見てしまった気がしました。
2011/05/31(火) 23:44:47 | URL | Nory #CjR4k1/2 [Edit
>Noryさん

分かる~。日本に転勤で来てる外国人の子が通うプリスクールや、英語保育!みたいに謳って日本人ターゲットのプリスクールがあって、前者はハードルも高く金額も高いし難しいですよね。
うちが体験したのは普段日本の幼稚園に通う子が参加するサタデースクールだから日本語が出るのは仕方ないかもと思ったけど、毎日プリに通っても日本語で喋っちゃうんですねぇ、ちょっと驚きです。
2011/06/01(水) 13:54:57 | URL | Pinoママ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Pinoママ

Author:Pinoママ
2007年夏生まれの男の子、Pinoの英語育児に挑戦しているワーキングママ。

アメリカの大学を卒業。現在外資系企業に勤めているけど職場での英語使用頻度は極めて低い。



最新記事



最新コメント



カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (1)
Pinoの英語 (59)
英語関連 (20)
日々の生活 (19)
ママあれこれ (8)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 英語な毎日♪英語育児に挑むワーキングママの日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。