スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの事情

2011.04.04 *Mon
前回のブログに、私は普段Pinoと日本語で話さないため、
旦那や母との会話を聞かないとPinoの日本語のレベルが分からないということを書きました。

それから、ブログを開設したときの最初の記事に、
徹底して英語オンリーで接してきたことを後悔していると書きました。

皆さんにはうちの事情を知っていただいた上で
ブログを読んでいただいた方がいいかなと思い、
今日はこのことについて少し触れてみたいと思います。

なぜ後悔しているのか・・・・
私が英語に徹底しすぎてしまったせいで、
Pinoは私に日本語を一切、本当にひとことも話さなくなってしまいました。
私がPinoに日本語で話しかけると
Don't talk like that!と本気で怒ります。

保育園などで先生や園児のお母さんがいる前では、Pinoに日本語で話しかけます。
Pinoはそこで怒ることはないですが、日本語で決して答えず無口になります。
先生は「ママがいると恥ずかしくてお話しができなくなってしまうのね」と思っています。

私はネイティブではないのでPinoと英語で接していて、
私自身うまく英語で伝えられないこともあります。
英語育児をされていて同じ悩みを抱える方もいるかと思いますが、
ほんのちょっとしたことや微妙なニュアンス、このへんが結構難しかったりします。
英語のDVDや絵本を見せてるとは言え
ほとんどはPinoは私から英語を覚えているので、
当然ですがネイティブの3歳児の英語には到底およびません。

ネイティブでない者同士が英語で話しているので
時には限度を感じることもあります。
自分の子供と第二ヶ国語オンリーでコミュニケーションをしていて
子供の心理的な面での影響はないのだろうか・・・
こういうコミュニケーションがいつまで続くのか・・・・
もう少し大きくなったときに、日本語で接してくれるようになるのか・・・
こんな風に悩むこともありますが、
これは私のやり方で招いてしまった結果で、どうしようもありません。

旦那と母はこのことについて否定的には思っていなく、
無理に変える必要はないと言ってくれています。
専門家に相談したことはないですが、たぶん反対意見を言われるでしょう。
一度見学に行ったことのあるサタデースクールの先生(日本人)には
「子供はお母さんの母国語で育てるべきものです」と言われたこともありました。
私もそう思います。
なのでここが本当に悩むところで、後悔なのです。
でもPinoが私の日本語を拒否をする限り、
このまま続けるしかないのかなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
CATEGORY : Pinoの英語

COMMENT

私も語りかけにおいては、Pinoママさんと全く同じためらいがあります。。。で、一度、英語の語りかけを一切やめてみたことがあって。←これとっても楽なんです!育児もスムーズにいくし。でも娘の英語が消えていくのは一目瞭然でした^^; 私も割り切るまでにはけっこう考えましたが、Pinoママさん同様、ここまできたら、やりきるしかないな~と。
最近では、英語育児でしか体験できない良さも見つけだしたので^^ 
2011/04/05(火) 07:25:58 | URL | cotton #- [Edit
>cottonさんへ

まさにcottonさんのおっしゃる通りで、ここまできたらやりきるしかない!なんですよね。
この年齢は使わないとすぐに忘れちゃうから、やめてしまえば今までの努力が水の泡。。。。
年少になって、保育園でびっくりするくらいことばを覚えてくるので、ここからがホントの勝負どころなんだろうと思います。
2011/04/06(水) 20:03:19 | URL | Pinoママ #- [Edit
うちも同じでした
私もほぼ英語オンリーで育ててました。でもそれ以外の環境はもちろん日本語です。
そして保育園に上の子(年中)下の子(3歳)で入れるまで日本語はほとんど話せませんでした。聞き取りはできても日本語の発話はほとんど無しで。
でもそれから1年、あっと言う間に日本語を話せるようになりました。
最初の頃は私が日本語使うのを嫌がるし、テレビも日本語の番組は一切拒否してました。
その後聞くことは嫌がらないけど、絶対に英語で返事をする状態が続き、だんだん日本語で話すと日本語で返事をして、英語で話すと英語で返事をするという風に変わってきました。
そして下の子の方が言語の発達は早かったけど、年齢的なものか私が日本語で話しかけても未だにほとんど英語で返し来ます。(保育園では日本語オンリーだそうです)

母国語で育てないといけないという意見は耳が痛くなるほどよく聞きました。
もちろん理想がそうだと言うのは分かってるんですが、その通りにしてたらうちのような家庭ではバイリンガルに育てるのは不可能で^^;
私は自分を信じて(何の根拠もないですが)英語の語りかけは続けるつもりです^^
2011/05/24(火) 23:43:30 | URL | Nory #CjR4k1/2 [Edit
>Noryさん

母親と英語オンリー、母親の日本語を拒否する、まさに同じですね。
こどもが英語を受け入れてくれてるのは英語育児をしている上で嬉しいことなんだけど、日本語で母子の会話ができないのはちょっとマズイなぁと思って。。。でもNoryさんのようにうちの息子も少しずつ受け入れてもらえればいいなと思います。
でも基本は私も英語のコミュニケーションを続けていきます☆
Noryさんがおっしゃるように、日本語メイン、プラスおうち英語をしていたら、うちの子もバイリンガル育児はできなかったと思います。まだ全然バイリンガルなんていえるレベルじゃないですけどね^^;
2011/05/25(水) 09:29:43 | URL | Pinoママ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Pinoママ

Author:Pinoママ
2007年夏生まれの男の子、Pinoの英語育児に挑戦しているワーキングママ。

アメリカの大学を卒業。現在外資系企業に勤めているけど職場での英語使用頻度は極めて低い。



最新記事



最新コメント



カテゴリ

未分類 (0)
はじめに (1)
Pinoの英語 (59)
英語関連 (20)
日々の生活 (19)
ママあれこれ (8)



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 英語な毎日♪英語育児に挑むワーキングママの日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。